漂流記

Keep it simple, stupid.

ユーザ用ツール

サイト用ツール


ja:med:abx

抗生物質

βラクタム系

ペニシリン系

天然ペニシリン

  • 例:ペニシリンG<PCG>
  • 有効:連鎖球菌(感染性心内膜炎、髄膜炎、肺炎、喉頭炎、扁桃炎、中耳炎、猩紅熱、丹毒)、破傷風、炭疽、ジフテリア、放線菌、梅毒、レプトスピラ
  • 無効:グラム陰性菌、ブドウ球菌
  • 放線菌、梅毒、レプトスピラの治療で、投与後6~48時間ヤーリッシ・ヘルクスハイマー反応に注意

ペニシリンナーゼ抵抗性ペニシリン

  • 例:メチシリン<DMPPC>、オキサシリン<MPIPC>、ナフシリン<NFPC>
  • 有効:メチシリン感受性黄色ブドウ球菌<MSSA>
  • 無効:グラム陰性菌、腸球菌
  • 連鎖球菌に天然ペニシリンのほうが優れるから、ペニシリンナーゼ抵抗性ペニシリンはMSSAだけに使う、とくにMSSAによる血流感染と感染性心内膜炎はナフシリンを選ぶ

広域ペニシリン

  • 例:アンピシリン<ABPC>、アモキシシリン<AMPC>
  • 有効
    • グラム陽性球菌:連鎖球菌、MSSA、エンテロコッカス・フェカリス、ピロリ菌(腸球菌に天然ペニシリンより優れる、MSSAの場合はβラクタマーゼ阻害剤と併用、AMPCはエンテロコッカス・フェカリスの第一治療薬)
    • グラム陰性桿菌(βラクタマーゼ阻害剤と併用):ヘモフィルスモラクセラによる副鼻腔炎、中耳炎、肺炎,プロテウス・ミラビリスによる泌尿器感染(尿pH↑と結石)
    • 嫌気性菌(βラクタマーゼ阻害剤と併用):バクテロイデス
    • グラム陽性桿菌:リステリア

緑膿菌に有効な広域ペニシリン

  • 例:ピペラシリン<PIPC>、メズロシリン<MZPC>
  • 適応:耐性リスクが高いグラム陰性菌による感染好気性菌と嫌気性菌の腹腔重複感染
  • グラム陽性菌に感受性が弱い

セフェム系

セファロスポリン

無効:腸球菌(天然の耐性)と嫌気性菌(基本的不可)

第一世代
  • 例:セファゾリン<CEZ>、セファラジン<CED>、セファレキシン<CEX>、セファドロキシル<CDX>
  • 有効:MSSAと連鎖球菌(第三世代より強い)
  • 無効:グラム陰性菌(βラクタマーゼに不安定ため)
  • MSSAによる血流感染と感染性心内膜炎はセファゾリンを選ぶ
  • 原型として尿中排泄されるため、グラム陽性菌による尿路感染に適応
  • 周術期予防
第二世代
  • 例:セフプロキシル<CFPZ>、セファクロル<CCL>、セフロキシム<CXM>
  • 有効:肺炎連鎖球菌(第一世代より強い)、MSSA(第一世代より弱い)、ヘモフィルスとモラクセラなど一部のグラム陰性菌
  • 無効:サルモネラ、赤痢菌、腸内細菌科
第三世代
  • 例:セフトリアキソン<CTRX>、セフォペラゾン<CPZ>、セフタジジム<CAZ>、セフジニル<CFDN>、セフィキシム<CFIX>
  • グラム陽性菌にやや弱いが、腸内細菌科にもっと強く、サルモネラと赤痢菌にも有効
  • CPZとCAZは緑膿菌に有効
  • CPZは胆汁排泄されるため胆道感染に適応
第四世代
  • 例:セフェピム<CFPM>、セフピロム<CPR>
  • 第三世代の抗菌スペクトルとほぼ同じ、ブドウ球菌とエンテロバクター・クロアカに有効
  • AmpC型βラクタマーゼに安定
第五世代
  • ほぼ第三世代のスペクトラムと同じで、MRSAにも有効

セファマイシン

  • 例:セフォキシチン<CFX>、セフメタゾール<CMZ>、セフミノクス<CMNX>
  • 第二世代セファスポリンの抗菌スペクトルとほぼ同じ、嫌気性菌にも有効(バクテロイデスの耐性は増えるが)
  • ESBLに安定
  • 耐性グラム陰性菌に適応、嫌気性菌が含まれる周術期予防

オキサセフェム

  • 例:ラタモキセフ<LMOX>

アズトレオナム<AZT>

  • グラム陰性菌だけ有効、緑膿菌に有効
  • メタロ-β-ラクタマーゼに安定
  • ほかのβラクタムと交差アレルギーなし

カルバペネム

  • 例:イミペネム・シラスタチン<IPM/CS>、メロペネム<MEPM>
  • 有効
    • グラム陽性球菌:ブドウ球菌、連鎖球菌、腸球菌に有効であるがほかのβラクタムより優れない
    • グラム陰性菌:腸内細菌科に強く、緑膿菌アシネトバクターなどブドウ糖非発酵菌に有効~~(エルタペネムを除く)~~
    • 嫌気性菌バクテロイデスなど)
  • 無効:Stenotrophomonas maltophilia(天然の耐性)、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌<MRSA>、カルバペネム耐性腸内細菌<CRE>、バンコマイシン耐性腸球菌<VRE>
  • ESBLに安定
  • 適応:耐性菌による感染(院内肺炎、複雑性尿路感染症)、嫌気性菌が含まれる重複感染、無顆粒球症の発熱
  • IPM/CSはノカルディアと非定型抗酸菌(マイコバクテリウム・アブセサス)に強い
  • IPM/CSの重大な副作用は中枢神経症状
  • MEPMはBurkholderia cepaciaなどブドウ糖非発酵菌に強い

マクロライド系

  • 例:エリスロマイシン<EM>、アジスロマイシン<AZM>、クラリスロマイシン<CAM>
  • 適応:非定型肺炎、慢性閉塞性肺疾患の急性増悪を予防(ヘモフィルス、モラクセラ)、結膜炎(クラジミア)、性器感染(クラジミア、一部の淋菌、ヘモフィルス)、非定型抗酸菌、ジフテリア、百日咳、カンピロバクター、回帰熱
  • 無効:グラム陽性菌、腸内細菌科に作用は弱く,EMはヘモフィルス、モラクセラに無効
  • CAM:ピロリ菌、一部の非定型抗酸菌
  • EMはCYP3A4を抑えるため、AZMのほうが優れる
  • マクロライド耐性が増えてくるため、成人はキノロン系へ検討する

アミノ配糖体

  • 例:アミカシン<AMK>、ゲンタマイシン<GM>、ストレプトマイシン<SM>
  • βラクタムと併用して、重症または耐性グラム陰性菌感染の治療
  • 有効:緑膿菌、抗酸菌、ノカルディア、ブルセラ
    • 腸内細菌科、緑膿菌、アシネトバクター:AMK
    • 結核:SM
  • 無効:嫌気性菌

キノロン系

  • 例:シプロフロキサシン<CPFX>、レボフロキサシン<LVFX>、モキシフロキサシン<MFLX>
  • 有効:
    • 肺炎球菌などグラム陽性球菌
    • ヘモフィルス、モラクセラ、腸内細菌科などグラム陰性桿菌
    • ブドウ糖非発酵菌に大抵有効
  • MFLX:肺炎球菌に強く、嫌気性菌に有効(他のキノロンは嫌気性菌に無効)、緑膿菌に弱い
  • CPFX:緑膿菌が含めグラム陰性菌にやや強く、肺炎球菌に弱い
  • 適応:呼吸器感染、尿路感染(キノロン耐性大腸菌が増えるので再検討が必要)、結核の第二治療薬
  • 禁忌:(軟骨発達障害のため)十八歳以下、妊娠、哺乳,(不整脈になりうる)QT延長、低カリウム血症
  • 注目な副作用:血糖の高値、中枢神経症状(とくにNSAIDsと併用)、日光過敏、軟骨発達障害、QT延長、不整脈

テトラサイクリン

  • 例:ドキシサイクリン<DOXY>、ミノサイクリン<MINO>
  • 有効:
    • 非定型菌
    • グラム陽性菌:黄色ブドウ球菌(市中感染型MRSA)、Propionibacterium acnes(ざ瘡)
    • グラム陰性菌:ヘモフィルス、モラクセラ、腸内細菌科の一部、ブドウ糖非発酵菌
  • 無効:連鎖球菌
  • 適応:
    • クラジミアリケッチアブルセラコレラむペストの第一治療薬
    • ペニシリンアレルギー場合、スピロヘータ、破傷風、梅毒などの治療

チゲサイクリン<TGC>

  • 有効:ブドウ球菌、連鎖球菌、腸球菌(MRSA、ペニシリン耐性肺炎球菌<PRSP>)、ヘモフィルス、モラクセラ、一部の腸内細菌科、一部のブドウ糖非発酵菌、バクテロイデス、非定型菌
  • 無効:プロテウス、緑膿菌、プロビデンシア
  • アシネトバクター感染の治療に、他の抗生物質が効かない場合、TGCは使える

ポリペプチド系

  • 例:ポリミキシンB<PL-B>、ポリミキシンB/コリスチン<CL>、バシトラシン<BC>
  • 有効:耐性腸内細菌科、緑膿菌、アシネトバクター
  • 無効:グラム陽性菌、一部のグラム陰性菌(プロテウス、プロビデンシア、セラチア、Burkholderia)、嫌気性菌
  • 副作用:腎機能障害神経系障害
  • 多剤耐性グラム陰性桿菌の最終手段!

サルファ剤

  • 例:ST合剤
  • 適応:Stenotrophomonas maltophiliaBurkholderia cepaciaノカルディアニューモシスチス肺炎、トキゾプラズマの第一治療薬
  • 無効:腸球菌、連鎖球菌、腸内細菌科

ホスホマイシン

  • 有効:MRSA、連鎖球菌、腸球菌、腸内細菌科(ESBL)、緑膿菌
  • 適応:尿路感染症

グリコペプチド系

  • 例:バンコマイシン<VCM>、テイコプラニン<TEIC>
  • 適応:耐性グラム陽性菌による重症感染症MRSA感染症
    • 感染性心内膜炎(MRSA)
    • 髄膜炎(PRSP)
    • 骨髄炎(MRSA)
    • 敗血症(MRSA)
  • 作用が遅いので、MSSAと腸球菌による感染症はβラクタム系が優れる
  • 体重と腎臓機能に基づいて投与量を決めるため、濃度モニターが必要となる

リネゾリド<LZD>

  • 有効:VCMとほぼ同じ、VCM耐性腸球菌、ノカルディア、結核,MRSA肺炎(肺の組織に高濃度)
  • 肝代謝のため腎臓機能不全に安全
  • 副作用:投与10日後、可逆性の骨髄抑制とくに血小板減少

ダプトマイシン<DAP>

  • 適応:MRSA、腸球菌による血流感染症
  • 組織に低濃度のため、肺炎などに無効
  • 副作用:クレアチンキナーゼ高値、PT延長

クリンダマイシン<CLDM>

  • 有効:黄色ブドウ球菌(MSSA、市中感染型MRSA<CA-MRSA>)、嫌気性菌
  • 無効:腸球菌、連鎖球菌
  • 適応
    • MSSA、CA-MRSAによる皮膚(ざ瘡など)、軟部組織感染症
    • 骨髄炎
    • セフェム系アレルギー患者の周術期
    • ST合剤アレルギー患者のニューモシスチス肺炎(プリマキンと併用)
  • 再発しやすいため、黄色ブドウ球菌による血流感染症に使わない
ja/med/abx.txt · 最終更新: 2021/07/26 02:15 by まこと

特に明示されていない限り、本Wikiの内容は次のライセンスに従います: CC0 1.0 Universal
CC0 1.0 Universal Donate Powered by PHP Valid HTML5 Valid CSS Driven by DokuWiki